• 学校法人 愛泉学園

美容師,メイクでプロをめざす学校
奨学金について安心の学費サポート

  • 学校案内
  • コース紹介
  • キャリア・就職
  • セレブランチ
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • オープンキャンパス

入試情報

ホーム  >  入試情報  >  奨学金について

奨学金について

堺女子短期大学独自の奨学金制度(なでしこ奨学金)や、日本学生支援機構の奨学金について、詳しくご紹介。

  • 各種奨学金
  • よくあるご質問

授業料減免制度

授業料減免制度

堺女子短期大学では、入学時・入学後において
授業料等を減免する制度があります。

高校在学中の成績・活動と、受験当日の入試結果で、
授業料の全額・半額・入学金などを奨学金として減免いたします。
1年次の前期の成績優秀者には、後期より授業料を奨学金として減免いたします。

日本学生支援機構

高校在学中に「予約採用」として申し込むことができ、
奨学金の種類には、第一種奨学金(無利息)と
第二種奨学金(利息付)があります。

  第一種奨学金
(無利息)
第二種奨学金
(利息付)
入学時特別増額貸与奨学金
(一時金)
学力基準 高校または専修学校高等課程
最終2か年の成績の平均が3.5以上
学修に意欲があり学業を確実に修了
できる見込みがあると認められる人

申込資格 ● 経済的理由により修業に
困難があると認められる人
● 上記「学力基準」に準ずると在学校長から認められる人
● 経済的理由により修業に困難があると認められる人
● 上記「学力基準」に準ずると在学校長から認められる人
● 第一種か第二種のどちらかあるいは、
両方の貸与を申し込んでいる人
貸与月額
(短期大学)
〈 以下の金額が、毎月振り込まれます 〉
【自宅通学者】
3万円または、5.3万円
【自宅外通学者】
3万円または、6万円
〈 以下の金額が、毎月振り込まれます 〉
3万円・5万円・8万円・10万円・12万円の5種から自由選択
(貸与期間中に金額変更可能)
〈 初回振込み時に一括貸与 〉
10万円・20万円・30万円・40万円・50万円のいずれかひとつを申込時に選択することができます
貸与始期 申込年の4月から 申込年の4〜9月で申込者の希望する月から 申込年の4月
返還期間 卒業後から12年、もしくは13年以内 卒業後から16年以内 卒業後から16年以内

※その他申込資格には、所得上の上限があります。詳細は本学奨学金担当者にお問い合わせください。
※予約採用者の貸与始期は、申込年の4月です。

月額12万円の貸与を2年間(24ヶ月)受けることで、
本学の2年間の学費と諸費の総額を賄うことができます。
学費と諸費2年間の総額 貸与月額 2年間の貸与総額 年利 返還月額 返還回数
2,800,000円 120,000円 2,880,000円 0.82%※1 16,070円
192回
3%※2 19,125円

※1.上記の年利0.82%は平成26年3月の第二種奨学金貸与利率の実績です。
※2.利率は年3%が上限です。

AO入試

堺女子短期大学独自の奨学金制度。
返済期限のうち在学期間中の利息相当分は、奨学金として本学が負担します。

入学希望者の保護者が金融機関の教育ローンなどを利用される場合、返済金額のうち在学期間中の利息相当分については、奨学金として本学で負担します。詳しくは、本学奨学金担当者にお問い合わせください。

よくあるご質問

日本学生支援機構の奨学金の種類にはどのようなものがありますか。
「第一種奨学金」・「第二種奨学金」の2種類の奨学金があります。
「第一種奨学金」は無利息の奨学金です。高校時の成績や経済的理由により貸与を行います。
「第二種奨学金」は利息付の奨学金です。第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与します。
第二種奨学金の在学中の利息と利率について教えてください。
在学中は無利息です。卒業後に返還が困難になった場合に、願い出により返還の猶予が認められたときには、その期間中も無利息です。利率は経済・金融情勢により変動しますが、法令により年3%を上限とすることが定められています。
進学後、急に奨学金が必要になった場合に申し込むことはできますか。
はい、できます。「緊急採用」・「応急採用」という制度があります。年間を通じて募集していますので、家計の急変で奨学金が緊急に必要となった場合は、本学奨学金担当者までご相談ください。
貸与中途で月額の変更(増額・減額)はできますか。
はい、できます。本学奨学金担当者へ「奨学金貸与月額変更願(届)」を提出してください。
計画的に貸与を受けられるよう、本学奨学金担当者がサポート致しますので、ご相談ください。
卒業後、返還が難しくなった場合はどうしたらいいですか?
卒業後に、病気・災害などの事情で返還が困難になった場合、願い出により、毎月の返還額を半分に減らして返還する制度や、一定期間返還を猶予する制度があります。

一覧に戻る